So-net無料ブログ作成

安達祐実の代表作 『家なき子』 の涙は、ウソ泣き!目薬だった。 [芸能ニュース関連]

安達祐実の代表作、 『家なき子』 の涙は、目薬だった!

安達祐実の演技がすごかっただけに、ウソ泣きだった! 『家なき子』 のイメージが崩れた!!

安達祐実、家なき子の涙.jpg
安達祐実、 『家なき子』 の涙は、ウソ泣き!

スポンサードリンク






安達祐実の演技がすごかっただけに、ウソ泣きだった!!
『家なき子』 のイメージが崩れた!!

10日放送のテレビ朝日「中居のミになる図書館」で、
女優の安達祐実(33)が、本人が明かした。

安達祐実の、出世作ともいえる「家なき子」の、
「同情するなら金をくれ!」の名演技は、脳裏に
残っているが、ウソ泣きだったという裏話を
聞いて、家なき子のドラマが、わびしさを覚えて
しまった・・・・・


女優だからとはいえ、大人に対して強烈のまなざしは、
かわいかった安達祐実をせつなく描いていたので、
強く印象に残っていた。

安達祐実、子役時代の涙はウソ泣き
「 『家なき子1』 は、ほぼ目薬」だった・・・・・


なんか、ドラマが、軽く思えてしまうのは、私だけだろうか?


 
スポンサードリンク






3月10日のテレビ朝日「中居のミになる図書館」で本人の口から・・・

『家なき子』 は1994、95年に放送され、
「同情するなら金をくれ!」は、今でも、
「家なき子」思い起こす言葉です。


「中居のミになる図書館」で、人気子役の本田望結(10)に
「子役にまつわる“知らなきゃ良かった”」を伝える役として
安達祐実が、本人の口から、

「『家なき子』で泣く演技は、目薬を使っていました」

MCの中居正広(42)が、
「いつも目薬をつかっていたんですか?」 

「 『家なき子1』 は、ほぼ目薬でしたね」 と答えた。


本田望結(10)も中居正広、他の出演者も、
テレビで見ていたほとんどが驚く裏話となったと感じた。

安達祐実は子役で、
「本当に苦手だったんです。泣く演技が」


愛犬リュウとの絆についても
「実は体のいたるところに魚の干物をつけていたんです」
と暴露。
愛犬リュウは、臭いでそばにいたんだ・・・・・

ドラマのイメージがかなりくずれてしまった!
なぜ、 今になっていったのだろうか・・・・?

 
スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます